ボリビア ソル デ ラ マニャーナ (浅煎り)100g | PocoPoco.Coffee.Roasters

1/1

ボリビア ソル デ ラ マニャーナ (浅煎り)100g

¥1,000 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

飲み口がトロっとするような粘度とホワイトグレープ、グレープピール、オレンジの様な爽やかな果実の甘さが特徴的。酸が強くない為、浅煎りが苦手な方でも飲みやすい。
最近注目されているボリビアのトップスペシャルティー。

【珈琲情報】
  農園: Farmers in the carabiner area
  地域: La Paz City, Carabiner District
標高: 1550m~2000m
品種; Cattura
精製: Washed

ボリビアは、コーヒーを栽培する環境としては、標高が高く、雨期と乾期がはっきりと分かれているなど最適な生産地として評価が高いことで知られています。
その理由として、この地域はアンデス山脈に属し、世界的なコーヒー栽培地域の中で最も標高の高い栽培地域である事から、大きな寒暖差により生み出される品質の良さがこの地域のコーヒーの品質を高い物に仕上げています。
しかし生産地と精選場が遠く険しい山岳地帯の中、舗装されていない細い道を輸送しなければいけません。その為、品質劣化が起こる問題がありました。又、内陸国の為、コーヒーの輸出に時間とコストがかかる事も問題としてあります。
近年、アメリカからの投資により、精選所が作られるようになり品質は改善し、カップオブ・エクセレンスなどの品評会で、ボリビア産のコーヒーが注目されるようになってきており、ボリビア産のスペシャリティコーヒーの品質の高い物は、数量が少なく少量しか流通していませんが、アメリカを中心に人気の高い銘柄となっています。

ボリビアの国自体が、南アメリカの中で最貧国と言ってよい厳しい社会状況の中、コーヒー栽培する農家も零細小規模農家がほとんどです。
そのような中、輸出業者による社会貢献プログラムとして始まったのが「ソル・デラ・マニャーナ」です。スペイン語で、朝日を意味しており、この地域の零細農家を7年間かけてコーヒーの栽培方法を指導し、品質の向上、生産量の増加を支援してきました。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,000 税込

最近チェックした商品
    その他の商品